SIDE BEACH CITY.net -まちづくり-交通/輸送機関 JR横浜線改善要求

sbc_titles2.png

menu1.jpgmenu1.jpg

menu2.jpgmenu2.jpg

menu3.jpgmenu3.jpg

menu4.jpgmenu4.jpg

menu5.jpgmenu5.jpg

スクリーンショット 2014-04-27 10.15.35.pngスクリーンショット 2014-04-27 10.15.35.png

交通/輸送機関

多摩丘陵エリア交通改善案!

「JR横浜線改善要求」

横浜線は朝夕のラッシュ時に横浜直通が殆ど無いため、

東神奈川駅にて横浜線に乗り換える必要があり、

さらに東神奈川駅から八王子方面或は横浜方面)へ向かう際は、

降りたホームの階段を上り、反対側のホームまで行く必要があります。

しかし、移動に時間がかかり、客が電車に乗り遅れる事態が多々あります。

一方で、横浜線が、運行本数の関係で京浜東北線を待ち合わせしている場合、

平均して2車分(横浜線及び京浜東北線)の乗客を乗せることがあり、

車内は大変混雑します。電車の本数と乗客数の割合が合っていないのが現状です。

一方の京浜東北線は本数が多く円滑に動いているため、

より一層に横浜線に対して、運行状況の悪さを感じます。


横浜線は、(1)車内アナウンスが聞こえ難くいこと、

(2)駅に電車が到着した際に駅ホームの駅名が見えづらいこと、

(3)電子掲示板が取り付けられていないこと、等から電車の機能的、

駅設備的に非常に不便さを感じます。


平成15年は、横浜線における人身事故、踏み切り故障、車両故障が多い年でした。

冒頭で指摘した様な様々な脆弱性により、電車遅延の際には混雑率が200%超えます。

それらは更なる事故の原因になり、大混雑したホームは危険地帯となります。


危険対策及び種々の問題を抜本的に解決するため、

快速電車及び横浜線直通をラッシュ時を中心に増発すること、

横須賀線の停車駅を東神奈川にすることの2点を提案致します。


横浜線の鉄道収益は山手線に次ぎ、横浜市と西東京方面(町田市、八王子)或は

港北ニュータウン、多摩ニュータウン等、多数の人口を抱える地域を接続する路線にしては、

電車の本数、質、使いやすさ、サービス等の条件が悪過ぎます。

西東京方面における都市開発に対する「輝ける都市」の概念が根底にあるのではないでしょうか。

この概念は官僚主義の癒着した公共事業の事を意味します。

都市開発の未来を見据えた時、「最適都市」と言う概念、

つまりは市民の立場に立った都市開発が必要です。

そのためにも、横浜線の改善が必要不可欠であり、

一刻でも早い横浜線改善を要求致します。

作成:平成16年
提出:平成16年
加筆:平成22年10月